ボンジュール・マドモアゼル

本サイトの情報は自己責任にてご利用下さい。

[プログラミング言語C++ 第3版] プログラミング言語C++ 第3版 意訳

 
「プログラミング言語C++ 第3版」にて理解し難い文を意訳する。

8.2.4.1 インタフェースのもう一つの設計方法

依存関係ということを考えるとき、コンパイラとプログラマは、“ある定義がX地点のスコープ内にあるとき、X地点で書かれたすべてのものは、その定義で規定されているあらゆるものに依存する”という少々機械的な見方をしがちだということを覚えておくことが重要である。


X地点、地点とあるが、領域である。
その領域は、スコープの占める領域である。
わかりやすく言いかえると

依存関係ということを考えるとき、コンパイラとプログラマは、“スコープ内で書かれるものは、スコープ内で定義されたすべてのものに依存する”という少々機械的な見方をしがちだということを覚えておくことが重要である。