ボンジュール・マドモアゼル

本サイトの情報は自己責任にてご利用下さい。

[数学] ゲーデルの不完全性定理(スマリヤン)の誤訳

 
ゲーデルの不完全性定理 レイモンド スマリヤン (著), 高橋 昌一郎 (翻訳)
ゲーデルの定理とタルスキーの定理の抽象形式

6. すべての式 E とすべての自然数 n に対して,式 E (n) を与える関数Φ.この関数は,すべての述語 H とすべての自然数 n に対して,式 H(n) が文であるための条件として必要となる。
本書 - 7頁

下線部の原文は次のとおり。
The function is required to obey the condition that for every predicate H and every natural number n, the expression H(n) is a sentence.
Godel's incompleteness theorems / Raymond M. Smullyan

しかし、次の記述では、H(n) が文であることが明らかなものとなっている。
式 E n が述語であれば,その対角式はもちろん文である.
本書 - 9頁

述語 H の対角式(つまり文 H(n))
本書 - 10頁

したがって、当の原文は、
「この関数は,すべての述語 H とすべての自然数 n に対して,式 H(n) が文であるという条件を満たすことが要求される。」
と訳すべき。

しかし、H(n) が文であることは証明には関与しないので(必要条件としても十分条件としても使用されない)、以下のとおり本文を削除することができる。

この関数は,すべての述語 H とすべての自然数 n に対して,式 H(n) が文であるための条件として必要となる。7頁
式 E n が述語であれば,その対角式はもちろん文である.9頁
述語 H の対角式(つまり文 H(n)10頁

[Tex] makeatletter, makeatother

 
makeatletter      make at letter

makeatother make at other

この場合、at は前置詞の at ではない。
at は @アットマークのこと。
つまり、make at letter は @ を普通の文字とせよ、
make at other は @ をその他の文字とせよ、
ということ。
makeatletter, makeatother は LaTeXコマンド。

...share/texmf/tex/latex/base/latex.ltx で以下のように定義されている。

\def\makeatletter{\catcode`\@11\relax}
\def\makeatother{\catcode`\@12\relax}

[Tex] dvipsk, ps2pdf

 
dvi から PDF生成手順

1. dvi から ps へ

dvipsk -Ppdf <ファイル名>

ファイル名の拡張子が dvi なら拡張子は省略可。
コマンド実行後、ファイル名.ps が作成される。

2. ps から pdf へ

ps2pdf <ファイル名.拡張子>

ファイル名の拡張子は省略できない。

[用語] workaround

 
workaround とは 回避策、迂回策 のこと。

[...]小学館ランダムハウス英和大辞典第二版を見ると、

work・around n.[航空宇宙](予定どおりにいかなかった場合の)予備手段,次善策.[1972]

とあります。私も「その場しのぎの問題回避策」程度に理解していたので、単な
る「方法」ではニュアンスが伝わらないと思って辞書を引いたら三冊目にやっと
載っていました。[...]
http://www.jp.netbsd.org/ja/JP/ml/www-changes-ja/199902/msg00055.html


その他、参考
WORKAROUND

[Ruby] nil チェックをかねた each ─ r.each {...} if r

 
while(!@err)

 r,w,e = select(@socks)
 r.each { |sock|
  case sock
  ...
 } if r
}
の方が簡潔かと思います
Posted by: keita | 2007.10.12 at 11:03
http://satoshi.blogs.com/life/2007/10/ruby-2.html#comments

次のページ