ボンジュール・マドモアゼル

本サイトの情報は自己責任にてご利用下さい。

[OSの基礎と応用] OSの基礎と応用

 
理解し難い文を列挙。

189頁
システムはi
ノードのカウントから、ファイルがまだ使用されているということはわかるが、削除されるとファ
イルのエントリをすべて探し出す方法は皆無となる。ディレクトリの個数に上限を設定することは
不可能なので、ディレクトリへのポインタをiノードへ格納することは不可能である。


第5章 入出力
264頁
 行の長さを指定するレジスタを追加することにより、以前1行目であった行は2行目へ移動
し、画面全体は1行上にスクロールしていく。ドライバが行なわなければならない唯一の作業は、画
面の一番下に表示すべき新しいものはすべてコピーすることである。

第7章 事例1 UNIX
344頁
このアルゴリズムでは、ページ・デーモンはコア・マップ中で2つのポインタを操作す
る。実行時に、まず、前の針で参照ビットをクリアし、次に、両方の時針を進めてから後ろの針が
指している参照ビットを調べる。2つの針が近づくと、非常に頻繁に使われたページのみが、前の
針が通過した時間と後ろの針が通過した時間の間にアクセスされている機会が多いということにな
る。

第9章 分散システム入門
419頁
位相幾何的にはバス方式のマルチコンピュー
タと同じであるが、


第10章 分散システムにおける通信
517頁
2番目の受理条件は、すべてのi≠j

に対して Vi ≤ Lji である。


第11章 分散システムの同期化
564頁
マシン0は調整役にRが解放されたことを知らせ、マシン1は調整役にプロセスBがTを保持希望してい
ることを知らせる。
<<Unix と Echo | ホーム | SWI-Prolog 環境設定ファイル>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。