ボンジュール・マドモアゼル

本サイトの情報は自己責任にてご利用下さい。

[Java] Java 型理論の記号のまとめ

 
「Java 言語仕様 第3版」の「4.10 サブタイピング(P.59)」に記述されている記号については以下のとおり。
class A {}

class B extends A {}
class C extends B {}
を例にして説明する。

記号 >1 は、直接的な継承関係を示す。
例)
A >1 B
B >1 C

記号 :> は、直接および間接的な継承関係を示す。
例)
A :> A
A :> B
A :> C
B :> C

S :> T であり、S ≠ T である場合 S > T である。
例)
A > B
A > C
B > C

と示せる。

二重不等号については「15.12.2.7 実引数に基づく型引数の推論」に記述がある。

P.396
U << V という表現は,型 U がメソッド起動変換(§5.3)によって型 V へと変換可能であるということを意味し,
U >> V は,型 V がメソッド起動変換によって型 U へと変換可能であるということを意味している
変換の方向と記号の方向が逆になっていることに注意。
  1. 2012/04/04(水) 19:02:40|
  2. Java|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<Queue を LIFO のスタックとして使う | ホーム | VBScript 文字列の繰り返し>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。