ボンジュール・マドモアゼル

本サイトの情報は自己責任にてご利用下さい。

[PostScript] PostScript 辞書の中身を見る

 
PostScript(Ghostscript)にて、辞書や辞書スタックの中身を確認するのに、pstack コマンドのようなものを探したところ、ppstack や === オペレータが見つかった。
さっそく、=== オペレータを試す。===オペレータは引数に辞書をとるため、以下では予め currentdict でカレント辞書をプッシュしている。
GPL Ghostscript 8.60 (2007-08-01)
Copyright (C) 2007 Artifex Software, Inc. All rights reserved.
This software comes with NO WARRANTY: see the file PUBLIC for details.

GS>5 dict begin
GS>/x 100 def
GS>/y 200 def
GS>/z 300 def
GS>/foo { 1 1 add } bind def
GS>currentdict
GS<1>===
<< /x 100 /y 200 /z 300 /foo {1 1 --add--} >>


ただし、この === を userdict などに対して実行すると、ロードされたフォントや手続きが鬼のように出力されてしまう。
<<PostScript bindオペレータ Cnt'd | ホーム | #define private public>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。